大家さんナビ空室対策・賃貸管理・リノベーションなら
集客力と管理力のミニミニ

株式会社ミニミニ中央 中央管理部TEL:03-5911-1832

資料請求・お問い合わせ

minimini.jp東京賃貸のミニミニ中央

大家さんの賃貸経営をサポートするミニミニ中央メールマガジン vol.181

■――――――――――――――――――――――――――――――――――
■■
■■■   大家さんの賃貸経営をサポートする
■■■■  ミニミニ中央メールマガジン vol.181
■■■■■                       2017年4月8日配信
■■■■■■―――――――――――――――――――――――――――――

このメルマガは、「大家さんの賃貸経営をサポートするミニミニ中央メールマガジン」の
会員登録をしていただいている方へお送りしています。
この場をお借りしまして、ご登録いただきましたことを厚く御礼申し上げます。

■ このメルマガについて ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

このメールマガジンでは、現在アパート・マンション経営をされている大家さん向けに

賃貸経営にまつわるニュースや記事を配信します。

ミニミニ中央は、東京都心部エリアに13店舗で営業しています。

東京駅・池袋・新宿などターミナル駅に支店を構え、その駅だけでなく沿線上など幅広いエリアで仲介しています。

また、数多くの大家様から管理を受託し、支持をいただいていております。

大家様に入居後も安定した賃貸経営をできるよう長年の経験と管理実績によるサポートを行っています。

このように直接入居者様や大家様と対応できる仲介力と管理力がミニミニの強みになります。

詳細についてはホームページ「大家さんナビ」にてご覧ください。

http://minimini-owner.jp/

□ 大家様のための相談会開催のお知らせ ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

このたび、ミニミニ中央管理部開発課にて相談会を開催しますのでご案内いたします。

●日時:2017年5月13日(土)13:00~16:00

●会場:株式会社ミニミニ中央 東京駅前店

東京都中央区八重洲1-9-13 八重洲駅前合同ビル8階

株式会社ミニミニ中央 池袋西口店

東京都豊島区西池袋1-19-1 39ビル2階

土地活用・売買・相続等事前予約なしでご相談できます。

お気軽にご相談ください。

■ 本日のお題 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

『漏水事故が起きたときの対応』

先日、うちで管理している物件に漏水事故が起きました。

3月上旬に配管の一部から漏れて、その部屋だけでなく下の階にも被害がおきていました。

被害が起きた下の階には、3月末に入居する新入生がいらっしゃいました。

新入生が入居するときには、まだ漏水修理が完了せずお部屋に漏水の被害が一部残ったままでした。

そのため入居時に新入生の親御様が住まわせられないといったん実家に戻る状況になってしまいました。

さて、大家様の中には3月上旬に事故が起きたのに3月下旬になっても住めない状況なのと疑問に思われた方がいるかもしれません。

実は、大家様が漏水事故が起きた時に、修理業者の見積もりを見て高いからと悩んでいたり、相見積を取ろうとしたりしていました。

また、入居者の保険で賄えないかなど何とかして大家様は支出を減らそうとしていました。

そうこうしているうちに時間が経ち、せっかく決まった新入生の入居者とトラブルにまで発展しました。

今回のケースでは、まず修理して入居者が安心して住めるようにすることが第一です。

漏水事故にしても他の設備不良でもそうですが、いつ直るのかが入居者の一番気になる点です。

いつ直るのか入居者にアナウンスしていないと不安になり、トラブルに発展しやすくなります。

さらに入居者から家賃の減額請求や解約につながる場合もあります。

緊急時の修理は高いと思う大家様もいると思いますが、解約やトラブルを防ぐために必要な支出と考えた方がよいと思います。

入居者は、一般的に火災保険に加入しており、借家人賠償が付いているケースがほとんどです。

例えば、洗濯機の取り付けミスなど入居者の故意過失による漏水事故の場合は、入居者の保険で対応できます。

ただし、今回の場合は老朽化による漏水事故なので、入居者の保険では対応できません。

そうなると、大家様の保険で対応することになります。

ここで注意していただきたい点として、大家様が建物に掛けている保険が対応できるかどうかです。

一般的に火災保険の場合、火災発生時の保険であり、火災事故のみの適応になります。

ですので、今回のような漏水事故で

・壁や天井の張替え費用

・入居者の家財の補償・損害賠償

などには火災保険で対応できません。

今回のような漏水事故に対応する保険として「施設賠償責任保険」があります。

施設賠償保険は建物の構造上の問題や管理の不備により、入居者や他人にケガをさせたり、

他人の物を壊したりして、法律上の賠償責任を負った場合に、補償される保険です。

例えば当社が代理店しているCHUBB損害保険株式会社の「オーナーズ補償制度」では

・施設所有(管理)者賠償責任保険、昇降機賠償責任保険

・漏水補償特約、見舞費用補償特約、初期対応費用補償特約

があり、例えば

・外壁のタイルが落下し、通行人が負傷した。

・エレベーターに子供が足を挟まれ負傷した。

・配水管の欠陥により水があふれ、居住者のじゅうたんを汚した。

などに対応しています。

以前、漏水事故において保険に加入していないため、大家様は復旧工事等で100万円以上支払ったケースもありました。

今、築20年以上のアパートやマンションが多くなっていますが、配水管の点検や交換を新築時からやったことのない建物もあると思われます。

そうなると20年以上経っている配水管は老朽化による漏水が起こりやすくなっています。

今一度、大家様が建物に掛けている保険を確認し、場合によっては見直しを検討する必要があるのではないでしょうか。

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

安藤達朗著「いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世」を読んでいます。

個々の部分では知っていることがありますが、歴史の流れとして読むには

参考になります。

厚くて重いので電車で読むには不向きなのがちょっと難点です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【大家さんの賃貸経営をサポートするミニミニ中央メールマガジン】

発 行 日:週1回・土曜日発行(休刊:祝日、年末年始など)
発行開始日:2013年8月31日

ご意見ご感想はこちらまで
https://minimini-chuou.jp/inquiry/?i=owner
バックナンバーはこちらから
https://minimini-chuou.jp/info/owner/
本メールマガジンの解除はこちらから
https://minimini-chuou.jp/info/owner/unsubscribe/

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【発行元】
株式会社ミニミニ中央 管理部
〒103-0028
東京都中央区八重洲1-9-13 八重洲駅前合同ビル8F
TEL:03-3243-3200 FAX:03-3243-3210
宅地建物取引業/東京都知事(3)第81647号

《HP》http://minimini-owner.jp/
《E-mail》chuo-kanri@minimini.jp

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

Copyright(C) 株式会社ミニミニ中央  All rights reserved.

ページトップ